2007年01月27日

「韓国的人間」とは何だろうか

朝鮮日報
「韓国的人間」とは何だろうか
【新刊】陳重権(チン・ジュングォン)著『ホモ・コレアニクス』(ウンジン知識ハウス)

 ホモ・コレアニクス? 「homo coreanicus」というローマ字が併記されていても疑問は解けない。「ホモ・ルーデンス」(遊ぶ人間)や、最近イ・ムンヨルが唱えた「ホモ・エクセクタンス」(処刑する人間)くらいは聞いたことがあっても、「ホモ・コレアニクス」という言葉には少し違和感を覚える。一体「韓国的人間」とは何なのだろうか。

 『美学オデュッセイア』(全3巻)で華麗なデビューを飾った著者は、さらに一歩踏み込み、韓国人の自画像について探求するため、通常「習俗」と翻訳される「ハビトゥス」を解明しようとした。

 そしてその目的を達成するための方法に、「距離を置いての観察」を用いた。すなわち、自らの文化を「相対化」するため、観察者の経験に基づく判断を可能な限り排除するというのだ。これには著者がドイツに長期間留学した時の経験が役立っている。

 こうしたアプローチの方法で、著者はデカルトと黄禹錫(ファン・ウソク)を比較し、マスゲームやパクリを解剖し、ケトンニョ(犬糞女・若い女性が地下鉄の車内で自分のイヌに糞をさせた場面の写真がインターネット上に掲載された事件を指す)現象と朴正煕(パク・チョンヒ)シンドロームにメスを入れている。

 ケトンニョ現象は、携帯カメラによって無数の市民が互いを監視し合う新たなパラダイムとして分析され、著者の表現を借りれば「ユビキタス的監視」の到来を示す事件として意味付けられる。しかし、そのメスは、期待していたものよりも深みのない分析に終始している。

 著者の分析では、韓国は「圧縮成長」に抑圧された社会として描かれる。つまり1つの体の中に前近代と近代、そして脱近代の3つの地層が共存する「グロテスク」な様相を示しているというのだ。この本のこうしたユニークなアプローチの方法は、韓国社会の分析に新たな論点を投げかけるものといえるだろう。

辛容寛(シン・ヨングァン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS





なかなか面白い良い本だと思います。基本的に韓国人は客観的に自分を見るという視点に欠けています。自分達がいかに特殊であるかと言うことを勉強しなければなりません。

ま、こういう人が増えても社会や文化はそう簡単に変わりません。個々の韓国人(朝鮮人)にいくらいい人がいても、複数人になると法則に従った動きになるのは想像しやすい事でしょう。

私も何も知らないウブな頃、初めて韓国人と知り合いになったんですよ。いやーそれがもー何というか、そんな近い仲でもないのに勝手に人のものは持ってくは借りたまま返さないとかいろいろありました。一人一人と話すとなかなか良い人に見えるんですけど、何人かまとまるとすぐ"コミニティ"みたいに異色文化を形成するわけですよ。日本人はそう言うのを見てもちょっと距離を置いてしまうところがあるのも原因の一つですね。


とにかく個々の韓国人と"韓国人"はまったく違うと言う話です





blogRanking
blogRanking参加中です


posted by 遇六 at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホモ・エレクトす

とか言う分類じゃないの?
Posted by tako at 2007年01月27日 18:58
黒い山葡萄原人です><
Posted by 管理人 at 2007年01月29日 00:29
そもそも「ホモ属」なのかなぁw
Posted by at 2007年02月11日 11:38
放火を覚えたファビョ原人
Posted by at 2007年07月01日 03:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32193091

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。