2006年12月07日

FTA反対のデモ隊、朝鮮日報の記者3人を暴行

朝鮮日報
FTA反対のデモ隊、朝鮮日報の記者3人を暴行

 韓米FTA反対集会を行っていた汎国民運動本部のデモ隊の一部が朝鮮日報の取材記者を暴行するという事件が発生した。

 6日午後6時、明洞ミリオーレ前で汎国民運動本部の参加者らのデモの様子を取材していた朝鮮日報のイ・ジェジュン記者は、デモ隊を指揮する車を撮影している最中、デモ参加者から顔を殴打された。

 デモ隊7‐8人は「どこの所属なのか。カメラを出せ。撮影した映像を削除しろ」とこの記者を取り囲んだ。同記者はこのデモ隊に対し身分証明書を見せ、取材中であることを明らかにし、「削除することはできない」としたが、40代後半と見られるデモ参加者が近づいて来て眼鏡をかけている同記者の顔を殴打した。デモ隊は倒れた同記者に「カメラを出せ」と再び脅しかけ、周りにいた朝鮮日報の記者パク・シヨン、キム・ジンミョン(女性)記者がこの暴行に対し強く抗議すると、暴言を吐きながら体を突き飛ばし、キム記者の首を絞めようとした。

 この過程で3人の記者はそれぞれ全治3週間の傷を負った。朝鮮日報はこのような不法暴力行為に対し、7日、汎国民運動本部に公式に抗議する計画だ。

チェ・ソンジン記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS




立派な犯罪なのに抗議するだけって・・・・

同じミンジョクなので仲良くしないとダメですよ><


【関連記事】
朝鮮日報
「FTA交渉に反対する遠征闘争団」(2006/12/05)
「現代自動車、スト損失額は1兆5000億ウォン超」(2006/12/01)
「FTA:劣等生の韓国、交渉妥結はわずか3地域」(2006/11/28)
「【社説】政府は違法デモ隊への損害賠償訴訟を支援すべき」(2006/11/27)


blogRanking
blogRanking参加中です


posted by 遇六 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29110456

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。