2006年12月04日

ペ様が日本のモバイル市場を占領!!

朝鮮日報
ペ・ヨンジュン、NTTドコモを通じ日本のモバイル市場独占か

 ペ・ヨンジュンがソフトバンクのモバイルに続き、日本のNTTドコモを通じて日本のモバイル市場を占領する見込みだ。

 アジアメディアコンテンツ企業(株)キーイーストは4日、「ペ・ヨンジュンのモバイル事業に日本のNTTドコモが参加を決定し、来年1月はじめのサイトオープン直後からサービスを開始する予定」と伝えた。


 
 キーイースト側によると、10月23日にアクセル・ジャパン(Accel Corp.)、日本IMXと契約を結んだ「BYJモバイルサービス」が、日本の各移動通信社の関心を集めており、ペ・ヨンジュンの写真、声などの肖像を利用した日本内での「ペ・ヨンジュンモバイルサイトコンテンツ事業」への参加を急いでいる。

 現在、「BYJモバイルサイト」はコンテンツとデザイン案などが完成しており、来年1月初めにオープンする予定。特に未公開の動画や写真だけでなく、ペ・ヨンジュンが移動通信社の会員に直接伝えるメッセージやインタビューなど既存の芸能人関連のモバイルコンテンツにはなかった新しい内容も加わった。

 このため、日本内の各移動通信社は100万人を超えると推定されるペ・ヨンジュンの固定ファンから確定的な収益をもたらすことが期待される「ペ・ヨンジュンモバイル事業」の争奪戦を繰り広げている。

 このような人気を反映するように、「ペ・ヨンジュンモバイル」事業計画が発表されるとすぐに大きな関心を見せた日本のNTTドコモが先月30日、全国サービスを電撃的に決定し、1月初めのサイトオープン直後からサービスを開始する意を明らかにした。

 ボーダフォンを買収したソフトバンク移動通信社SBモバイル側も、既にサービス開始を決定している状態で、現在話し合いが進められているKDDIまで確定する場合、日本の3大移動通信社がすべてこの事業に参加することになる。

 ペ・ヨンジュンモバイルサービスを決定した各移動通信社は、広報およびマーケティング戦略を提案するなど、積極的な動きを見せており、来年1月から始まるサービスに高い期待を示している。キーイーストはペ・ヨンジュンの肖像権以外にも、確保した著作権(肖像権をはじめ、ドラマ・映画・音源など)を今後も開発し、モバイルコンテンツ事業を特化していくとキーイースト側は伝えた。





大変だ!ペ様が日本のモバイル市場を独占だ!!

ペ・ヨンジュンがソフトバンクのモバイルに続き、日本のNTTドコモを通じて日本のモバイル市場を占領する見込みだ。

むむむ、記事によると禿様ソフトバンクがすでに陥落とのこと。私の知らない間にそんな事が起きていたとは・・・・。

あまりテレビを見ないので全く知りませんでした。不覚。

今更ながら調べてみました。
画像を見たかったのでGoogleでイメージ検索〜っと。

ペ・ヨンジュン ソフトバンク」でぐぐぐー




・・・ あれ? これだけ?

Web検索をしてもなかなか出てきません。
ペ・ヨンジュン、メディア・コンテンツ事業に進出」(朝鮮日報)
と言うのは出てきましたが、CMの話は見つけられませんでした。。

たぶん期間限定、ユーザー限定のコマーシャルだったのでしょう。残念です;;

それにしても朝鮮日報は親切です。原文の方は「ペ・ヨンジュン」にキーワードリンクが貼られていて、すぐ過去の記事を探す事ができます。うざくてしょうがありません。


また、同じ芸人で同じ業界・異なる企業に出られるなんて、物凄い守銭奴人気です!
これは・・・我が家にもペ旋風が巻き起こるかも知れません。ゴゴゴゴ



blogRanking
blogRanking参加中です


posted by 遇六 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28925343

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。