2006年12月03日

キムチでインフルエンザ予防ニダ

朝鮮日報
鳥インフルエンザも予防?機能性キムチの開発に成功

 先月30日、国立韓京大学が「鳥インフルエンザ予防効果のある乳酸菌を添加した環境親和的な機能性キムチ製造技術を開発した」と伝えた。

 京畿道安城にある韓京大学・環境親和農耕畜産物研究センターは、2004年7月から2年間の研究の末、「少量の肥料を使って栽培した低硝酸白菜」と、この白菜に「抗ウイルス効果のある乳酸菌を添加したキムチ製造法」を開発した。


キムチ

 
 研究所の関係者は「肥料をたくさん使って栽培した白菜は、代謝の過程で発がん物質になる可能性のある亜硝酸塩の比率が高くなるが、今回開発した環境親和的白菜は、硝酸を分解する炭水化物処理をした土地で育ち、硝酸含有量が少ない」と説明した。また「鳥インフルエンザ予防の効果もあることが立証された“バイセラ・コリエンシス”という菌株を添加して漬けたキムチは、適度な熟成状態が長く続き、味もよい」と話した。韓京大学はこのキムチ製造技術を特許出願し、安城市の(株)クァンチョン食品に移転、製品を商用化する計画であり、これを世界化するために北海道富良野市と共同でキムチ研究所の設立を進めている。

 同センター長は「現在、韓国のキムチ市場規模は9000億ウォン(約1118億8000万円)と推算されているが、このうち50%以上が中国などから輸入されたもので、日本のキムチ市場でも韓国産キムチの比重がどんどん下がっている」とし、「この技術が韓国のキムチの品質を高級化し、食品の安全性確保にも寄与するだろう」と説明した。





高温で調理すると乳酸菌は死滅してしまいます。


何を言いたいかと言いますと、寄生虫とインフルエンザとどっちが良いですか? って話です。



blogRanking
blogRanking参加中です



posted by 遇六 at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>北海道富良野市と共同でキムチ研究所の設立を進めている

富良野がラベンダーの香りからキムチの匂いになるのでしょうか?
Posted by at 2006年12月04日 13:13
こんばんは

気温が低いのでキムチも良く漬かりそうですね。日本人はあまり発酵させないのが好きなので気にするほどじゃないと思います。

しかし、関係者達が移り住むと何か起きそうです。
Posted by 管理人 at 2006年12月04日 20:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28834351

この記事へのトラックバック
ブログパーツ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。