2006年12月01日

国防改革法案を議決、常備兵力を50万人に削減

wowkorea
国防改革法案を議決、常備兵力を50万人に削減

国会国防委員会は30日に全体会議を開き、2020年まで韓国軍の常備兵力を50万人水準に削減する内容の国防改革法修正案を議決した。
 ただ、北朝鮮の大量破壊兵器や南北間の軍事信頼構築状況などを踏まえ、具体的な目標水準を3年ごとに国防改革基本計画に盛り込むことにした。当初の政府案で約150万人だった予備兵力は、常備兵力と連動させながら改編、調整する方針だ。修正案はまた、国防改革の推進実績を毎年国会に報告することや、合同参謀会議議長に対する国会での人事聴聞会を義務付けた。

 同日の全体会議で国防長官出身の開かれたウリ党の趙成台(チョ・ソンテ)議員は、50万人水準まで削減することについて、「北朝鮮との戦争で最初の約1週間、戦闘を続ける能力を保障できる水準と判断したため」と説明した。





つまり1週間あったら勝てると言う話でしょうね、きっと。
陸続きのお隣さん同士が喧嘩するときって、兵隊の数が物を言う気がするのですがどうなのでしょう。

また、北との戦闘しか考えていないところがハッピーな脳みそしてます。周辺の国との軍事バランスなんてものも考えた方が良いですよ。合わせるのは無理ですけど。。。。


【補足】
調べ物をしていたら「防衛白書」のページがヒットしました。

2 朝鮮半島
1 北朝鮮
2 韓国

まだこの3ページくらいしか読んでいませんが、なかなか面白いです。
中身はともかく、兵隊さんは北の方が2倍くらいいるんですね。



blogRanking
blogRanking参加中です



posted by 遇六 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28652655

この記事へのトラックバック
ブログパーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。